Now Loading...

お知らせ | 碧南市の「有限会社 碧南クレーン」ラフタークレーンなど重機による揚重作業

お知らせ

ラフタークレーンを操作する時に必要な免許は?

  • 2021.05.20

有限会社碧南クレーンでは、年齢や性別、経験を問わずラフタークレーンを操作するスタッフが多く活躍しています。

とは言っても、ラフタークレーンの操作には、必要な免許があり、その免許を取得したスタッフが専門に日々の作業にあたっています。

ラフタークレーンの操作に必要となる免許は、大型特殊免許と移動式クレーン運転士の2つの免許が必要です。

ラフタークレーンは、クレーン車の中でも扱いやすい車体のひとつですが、大型特殊自動車に分類されることから、トラックの運転に必要となる大型免許では、運転することができません。

大型特殊免許の取得は、普通自動車免許や大型自動車免許のように教習所に通って取得する方法もあれば、一発試験と言って試験当日に適正試験と学科試験、技能試験を受けて合格すれば免許をもらうことができるものの2種類があります。

初めて大型特殊免許を取得する場合は、技能試験が免除になる教習所に通って免許取得を目指す方が確実です。

移動式クレーン運転士の免許は、学科と実技の講習所受講し、本試験に合格することで取得することができます。

どちらも、指定教習機関を利用して免許取得する方法が一番確実で安心なので、ラフタークレーンの操作を行う仕事に就きたい場合は、まずは資格取得を目指してみることをおすすめします。

お問い合わせはこちらから